fbpx

Blog

久志の脳運日記:Week7

久志の脳運日記

久志の脳運日記:Week7

こんにちは😄 West Coast Healthy Memory Societyにてファシリテーターをしている久志といいます。「脳の運動教室」も9月10日(金)に第7回が終了しました。

今回も、トロント、オンタリオ、オタワ、カナダ全土よりたくさんの方が参加して下さいました。初参加の方多く、いろいろな方と交流が出来ること大変うれしく思います。

まずは

  • 両手を胸の前でグー、両手を前に出してパー、これを10回繰り返します。
  • 両手を胸の前でパー、両手を前に出してグーに変更。これも10回。
  • 両手を胸の前でグー、左手はパー、右手はグー、胸の前に戻って両手はグー、前に出す時は、左はグー、右はパーと入れ替えます。これも10回。
  • そこまでできたら、次は足踏みも追加して、さらに10回。

ここまでかなり難しいですね😫でも、できなくても大丈夫です、挑戦して身体を動かそうとすることで脳は活性化します。さらに難しくすると

  • 両手は胸の前でグー、右手は上に挙げてグー、左手は前に出してパー。両手を胸の前にグーで戻して次は、左手を上に挙げてグー、右手を前に出してパー。もちろん足踏みも忘れずに。これも頑張って10回行いましょう。
  • 全部でききたら①〜⑤を繋げてやってみて下さい😁

次のコグニサイズは、番号とともに12種類のポーズを覚えて頂き、言った番号のポーズをする記憶力ゲームです。一度に12種類のポーズを覚えるはかなり集中力が入りますね。今回は、参加者さんに誕生日が上半期(1月〜6月)と下半期(7月〜12月)で分かれてもらい、お互いにポーズが間違ってないかチェックをしあってもらいました。誰かに見られていると思おうと一気に緊張感アップで、高揚感とともに集中できます😁参加者が少ない集まりなどでは、皆さんで一緒にポーズを考えるともっと盛り上がります。簡単なレクリエーションとしてアイスブレーキング用にも使えるので覚えておいて損はないですよ。

コグニサイズの後は各グループ7〜9人の小グループに分かれて早口言葉、簡単な計算問題、音読をファシリテーターの指示のもと取り組みました。私は毎日、寝る前に本を読みます、難しい計算問題が解けますという方もいるかも知れません。ですが意外にも、本を黙って読んでいるときよりも、すらすらと大きな声で音読をした時、簡単な計算をすらすらと解いている時の方が脳が活性化していると分かっています。こんな簡単な事を私には必要ないと思われる方もいるかもしれませんが、ぜひ継続して挑戦してみて下さい。今回の講義はゲストスピーカーにSafetyipさんを招いて「どうする?災害時における感染症対策防災コラム②:知っておきたい防災備蓄の豆知識」をテーマに防災備蓄について詳しくお話をしていただきました。カナダではありがたいことに日本ほど災害が多くなく、防災意識やグッズなどの種類も日本より少ないと思います。ですが、このコロナ感染症同様、これからは何が起こってもおかしくありません。防災備蓄(3日〜1週間分※重要)をしっかり用意をしておきましょう。もう既に備蓄を用意しているという方も、意外にも笛や靴、バッテリー類など意外に見落としがちで必要になるものを再確認されると良いかもしれません。

34名で楽しくオンライン脳トレ



まだまだ12月まで毎週金曜日に脳の運動教室を開催していますので、興味のある方は是非ホームページから予約の申し込みをしてくださいね。

https://noun.wchealthymemory.com/


オンラインでの受講や、ズームをやったことがない方もいると思いますが、できる限りサポートをさせていただきます。お気軽にご連絡くださいね。

カナダ全土でお住いの在留邦人、日系人とオンラインでつながり、バンクーバー発の「脳の運動教室」に一緒に参加していただくとともに、毎週異なる内容で専門分野のスペシャリストをお迎えし、感染予防や健康について学びましょう。開催期間は7月30日から12月10日まで。毎週金曜日、全20回毎クラス40名限定、日本語で行われます。参加費は無料です。

「脳の運動教室」とは、脳を活性化しながら、他者との交流と自己の健康を促進するWCHMSオリジナルプログラムです。参加型の体操やコグニサイズ(脳を使いながら運動をするエクササイズ)、音読、簡単な計算、レクリエーションを通じ、記憶力や集中力、コミュニケーション力を高めていただきます。

ご意見板

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です