fbpx

Blog

ナースゆうこのCovid19 Q&A: Week12

ナースゆうこのCOVID-19 Q&A

ナースゆうこのCovid19 Q&A: Week12

これまでに11回続けてきた脳の運動教室ですが、昨日行われた12回目に一つの完成型を見たようなきがしました。

何がそのように思わせたかと言うと、グループを引っ張るファシリティターと一緒に頑張ってくださる参加者の気持ちが一つになったからです。

久志の脳運日記にも書かれていましたが、今回は「フリートーク」ということで、参加者の皆さんにご自由に脳トレについてお話頂きました。結果として以下のようなご意見を頂きました。

・脳トレなんて必要ないと思っていたけど、体験したら意外に脳が衰えていたことに気がついてびっくりした

・毎回クラスで話すことに緊張する、でもそれがいい緊張になっている
・体調が悪く家で過ごす事が多かったけど、体操が出来た時に嬉しかった

・皆さんに週一回会えるのが嬉しい、楽しみ、金曜日は脳トレする日と決めている

・変化は無いと思っていたけど、休んだら計算がすごく遅くなって驚いた

・オンラインで自宅から参加できるから嬉しい

・計算問題など普段使わない脳を使用すると、脳がクリアになる感じがする

・コグニサイズをやってみると意外にできない自分に驚く

・クラスに参加してからアドレナリンが出る感じ、生活に張りが出ている

・教材を宿題として送ってもらえるので、いつでもできるし、毎回しっかり復習をしている

・理解をしながら音読することは案外難しくて良い

印象的だったのが教室に参加することで案外脳が衰えたと自覚できた、といういう気付きの部分でした。多分多くの方が「私はまだ大丈夫」、と目をつむってしまうところを、やってみようと勇気をもって参加してくださり、「あれ、脳も年と共に衰えているんだな、では鍛えよう」と思って継続下さるならば、本当に私達はこの教室を開催して良かったと思います。記憶力は20歳代から徐々に落ち、その他の理解力や論理的思考も中年期より落ちてくると言われています。ちょっとした脳トレで脳が元気でいてくれるならば、続けるしかないですね!

と、言いつつ、一緒にやらせて頂いている私達も本当に楽しいです😄。だからこそ、今回、本当に参加者、ファシリティター共に同じ方向に向かって頑張っていることが実感できたこと、とても嬉しかったです。そしてそれを支えて下さる、ゲストスピーカーの皆様、勿論このProjectを可能にしてくれた外務省の皆様にも感謝の限りです。そんな全てが「つながった」週でした。

Covid19のケースはBC州内ではあまり変わらなく見えましたが、北部で引き続き増えているということで、地域別の戦略がとられています。カナダ全体でも比較的おちついてきたのかなという、印象を受けました。また昨日お話しました、コロナのケースと下水道内のコロナの有無についてのグラフです。下水を調査することである程度どの地域でケースが増えているかわかる事は面白い視点だと思います。

最後に11月12日(金)にはアルバータ大学の館野先生よりCovid19の最新情報をお伺いします。上記のような質問を既に頂いていますが、まだまだ募集します。info@wchealthymemory.comまでお願いいたします。またお席も早くなくなると思いますのでご予約お忘れずに!

https://noun.wchealthymemory.com/zoom-meetings/webinar-16/

それでは来週もまた一緒に楽しく笑顔でお会いできるのを楽しみにしております😊

ご意見板

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です