fbpx

Latest news
are on top all times

ナースゆうこのCovid19 Q&A: Jan 23, 2022

新春、節分 あっという間に2022年の1月も後半になりました。 お陰様でカナダバンクーバー発の「脳の運動教室」は引き続きカナダ全土を駆け巡ります。その中でCovid19 のご質問を頂きましたので、引き続き継続してコメントを加えていきたいと思います。 実はこちらの統計は1月21日(金)はBC州において発表されたものです。 https://news.gov.bc.ca/files/1.21.22_COVID_Hospitalizations.pdf 実際に2021年12月から2022年1月にかけてCovid19で病院に入院した方の調査をしています。 そしてCovid19を罹うには3つの大きな要因があると告げています。 ①年齢 ②既往歴 ③ワクチン接種の有無 この3要素によって罹患するか、重症化するかなどが分かれるというものです。実際にグラフをよくみると。。。 ①年齢は70歳以上の方の罹患率がグーと増えていることがわかります。 ②既往歴には移植や慢性的な神経の疾患(例えば認知症???)、糖尿病、呼吸器系、心臓系疾患がある方の入院率が上がっています。 ③ワクチンはBooster ショットを打った方が効果があり、より多く入院していません。 言われてみればそうだよね、って納得の話なんですが、これが実際にBC州のケーススタディから出てきたということは信憑性が高いですね。 次に見ごたえがあるのがこちらの表です。画像を押して拡大しないと見えにくいですが、性別で分け、年代別、リスクファクターがいくつあるか、ワクチン接種の有無によって実際にCovidに罹っている割合を示しています。ご自身でじーっとみると自分がどこに当てはまるかわかると思います。 私はリスクファクターがなければ0.4%、リスクファクターが1つあれば1.2%、3つあれば5.8%のカテゴリーに属しています。これよりわかることはリスクファクターを減らうようにすることが、一つ目の予防法です。そして、私はワクチンを2回接種していますが、Boosterを受けると入院する確率が半分になります。これはBooster Shotの効果を示しています。 これは全てBC州の実際のケースである事を考えると全体像が浮き彫りになり、とても身近に感じられるデータだと思います。 情報収集、情報共有。。。誰と?🙃 第2回脳の運動教室でとても良い質問が出まし […] …

久志の脳運日記:Week20

こんにちは😄 West Coast Healthy Memory Society(略してWCHMS)にてファシリテーターをしている久志です。みなさん今週はいかがお過ごしでしたか?12月も中旬に差し掛かり、クリスマス、年末の用意で忙しいですね。 さて7月から始まりました、この「脳の運動教室」ですが、今回、第20回卒業式を持ちまして無事に終了することができました。これまで多くの方に参加して頂き、一緒に体操、コグニサイズ、脳トレ、そして皆さんの貴重なお話を聞けたこと、感染症予防に始まり多くの講義を一緒に聞けたことを嬉しく思います。 コロナ感染症に関しましても、新しい制限が出るなど、まだまだ油断できないようですね。脳の運動教室でもこれまでにお伝えしてきた、しっかりと感染予防をしながら、楽しく健康に生きる事を大切にして、これからも引き続き感染予防に充分に気をつけていただければ嬉しいです。 それでは12月10日(金)に行われました第20回「脳の運動教室」の最後のレポートをしたいと思います。まずはいつものようにファシリテーターみかさんによる体操とコグニサイズからスタートしました。   まずは、普段とは違う、岡山弁で録音してあるラジオ体操で全身運動を行ったんじゃよ。これで、身体をおーきゅー振って、頭もしゃんとさしたんじゃよ(←岡山弁のつもりです) その次は、手を使ったコグニサイズから始まります。 両手でグーパーをしましょう。パーの時に勢いよく弾くように行いましょう。 両手の親指から、1〜5と閉じながら数え、小指から開きながら6〜10まで数えます。 片手は②のように数を数え。反対の手は①のグーパーの動きを同時に行います。 両手を入れ替えましょう。 さらに難しくするには、①の動きをグーチョキーパーで行いましょう。 次は、脳トレクイズです。 身体を動かしながらクイズに答えましょう。まずは、その場で大きく腕を降りながら足踏みをしましょう。 貝は貝でも、お風呂に入っている貝は何でしょう? ストロベリーは何語でしょう? 家の中でいつも通行止めをしている人は誰でしょう? 札幌から東京にむけて500台のトラックが出発しました。東京からも札幌にむけて500台のトラックが出発しました。さて、このトラック達が合流するのはどこでしょう? 次の中で一番にんきのある職業は何でしょう?俳優、総理大臣、アイドル […] …

ナースゆうこのCovid19 Q&A: Week20

皆さん、ご卒業おめでとうございます。 とうとうこの日が来ました。7月終わりに始まり、その当時は20週の回が本当に終わるのであろうか、と半信半疑でしたが、時が経つのはあっという間でした。 悲しくもありますが、また新しいことが始まる予感がします。皆さんのこの頑張りを次回に活かしホップ、ステップ、ジャンプ! 私達の体って。。。 今日は最終回となったナースゆう子のCovid19 で私達の体について考えてみたいと思います。 古い電化製品は新しいものに交換できます ➡ それでは私達が生まれた時に頂いた、心臓も脳も歯も、目も、耳も、、、、古くなったっからといって交換可能でしょうか? 多分多くの方が、馬鹿なこと言って、と笑われるかもですね。まさにそうです、私達がオギャーと生まれた時に頂いたものは代替品がない貴重な存在なのです。 私は人間の、いえいえ動物全体の体が環境に合わせ必要な臓器がつながり、それぞれの寿命まで臓器が動いてくれることは本当に神秘であると思います。 私が健康についてお話する時には必ずこの話をします。例えば、右手の親指に沿って手首の方に降りていくと脈に触れることが出来ます。その脈は普段感じない心臓の動きを説明してくれています。 もし脈が異常に早かったり、異常に遅かったりすれば、何か心臓に問題があるのでは、と推測ができます。また脈のリズムも大事です。一定のリズムで打っているか、または時々リズムが狂うな、と思えば不整脈が疑われます。他には脈があまり触れないなどであれば、何かしらの血流量に問題があるのでは、と考えます。 このように脈をふれてみるだけで結構体の事が分かったりしますが、大事なことはここからです。 少し脈に不整があるなと、気づいたとします。勿論お医者さんに行ってチェックしてもらうのですが、私はここで声を大にして言いたい。 「よく考えて下さい、皆さんの心臓が故障せずに60年も70年も、80年も打ち続けてくれることが凄いですよね」と。車も、電化製品も寿命は10-20年でしょう。寿命があるから私達も時期が来たら新しいものに替えば良いと、思っています。しかし、臓器や歯や目はそうは行きません。だから、先ずは何十年も自分の為に頑張ってくれている、脳や心臓などに感謝しましょう。ちょっと不整脈があっても何十年も心臓が打ち続けていることが凄いと思いませんか?これは奇跡です。 代替 […] …

【宿題】Week20

とうとう20回目の講習が終り、卒業式となりました。お別れは寂しいですが、別れは新しい事の始まりでもあります。どうぞ皆さんお元気で、そしてまた1月に笑顔でお会いしましょう! 最終日でも数学の時間はあります😆 さあ、これからが本番です! 数字とひらがなを交互につなげることで頭がどんどん動いていることがわかります! 皆さん、素敵な帽子ができましたか?再挑戦希望な方はこちらを参照ください。 http://https://www.youtube.com/watch?v=mCYxCZciM1s     Graduation: 🎄🎄🎄 皆さん、本当にお疲れさまでした! とにかく「楽しい」とのお声、そして新しい事が学べる、他州の方と交流がはかれる、など思い出深い脳の運動教室となりましたが、参加くださった皆様がその一歩を踏み出された、それが一番凄い事だと思います。 多くの皆さんとは1月からもお会いできるようですね。どうぞそれまではしっかり復習を重ね、脳に磨きをかけておいてください✨Stay SAFEで良いお年をお迎えください。 Merry Christmas & Happy New Year!   …

【宿題】Week19

12月に入り一気にクリスマスムードに入りました。バンクーバーも段々寒くなってきました。週末は雪の予報も出ています。そんな時は、、、ご自宅で脳トレですね! 先ずはウォームアップ。Upbeatの「ジングルベル」を歌いましょう🎅 音読:できるだけ早く声に出して読みましょう。 計算問題:数字の向きがバラバラですが、皆さんの認識力、理解力は如何ですか? 今週は間違え探しに皆さん釘付けでしたね。3つの間違えを直ぐに見つけられましたか? 脳の運動教室、アイドルの久志先生、実体験を交えたほっこりするお話ありがとうございました。 お題通り「楽しく過ごす」為に教えて頂いたリフレーミングの技術はいかがでしたか? 生活の中でストレスが無くなる事はないのかもしれませんが、上手にストレスとお付き合いするためにリフレーミングの技術を応用していきたいですね。 また参加者さんから教えて頂きた「そ、わ、ら」も覚えておきたいですね。そ:掃除わ:笑いか:感謝 今すぐ掃除を始めなきゃと思っている方、一緒に頑張りましょう(笑)。 🎄🎄🎄 皆さんは気分転換にどんなことをされていますか? さすが師走だけあって「掃除」なんて答えが聞こえてきそうですが、冬だからこそ出来る事が色々あるのかもしれませんね。しっかり気分転換を図り、毎日楽しく過ごして参りましょう。 😊😊😊   …

ナースゆうこのCovid19 Q&A: Week19

皆さん、こんにちは! 今日もクラス後も最後まで皆さんが残ってくださり色々とDiscussion出来たことに感謝します。その中で上手にお答えできなかったなぁと思うことがありましたので、こちらで補足させて頂きます。   脳の運動教室は何故やっているんだろう?と聞かれたならば、ひとえに認知症の数を減らしたい、との思いからです。WHO(世界保健機構)からも全世界で3秒に1人が認知症と診断される、と言いう統計がでましたが、本当に認知症の問題は深刻です。その一方でご自身の周りに直接認知症の方がいなければ、知らない、で見過ごされてしまうこともあるでしょう。 私達は日本、カナダで医療従事者として働く中で、多くの認知症の方、そしてその方を支えるご家族の苦労を見てきました。だからこそどうやったら認知症の数を減らせるか悩み、行動に移したのが「脳の運動教室」でした。 皆さんが頑張って参加している脳トレがどうして良いの?と言えば、なんと言っても楽しいからです!今まで知らなかった方と友達になり、新しい知識を身につけ、ちょっと難しい計算問題や音読問題にぶつかり脳を活性化する。そしてちゃんとできた時が嬉しいからです。 私達が問題を作る時に科学的に証明された脳の活性化の状態(下記の図参照)を作る事を心掛けていることはご承知の通り。簡単な計算をしている時、本を音読している時、数字を数えている時、脳が赤くなっていますね。皆さん、もう実践済です。 脳の活性は決してご自身だけの問題ではありません。もし配偶者がいつも忘れてしまい、ずっと見守っていなければならない状態であれば皆さんの生活はどうなるでしょうか?ご家族の中に認知症の方がいた場合、今までと同じ生活を送る事は残念ですが難しいです。まさに24時間介護です。だからこそ一人一人が健康でいること、それがとても大事なんです。皆さんの毎週の努力は皆さんが認知症にならないだけではなく、実はご家族の負担を減らしご家族を救う、大きな愛の行動です。 認知症が軽度の場合は何とか家で看ることは可能です。しかし一定のラインを超えた時に、専門の施設で看ていくことが必要となるでしょう。施設を否定するつもりはありませんが、出来るだけ、その方らしく、住み慣れたご自宅で過ごして欲しい。その為には日々認知症にならないよう楽しく努力した方が良いと思いませんか?勿論答えは「YES」です。 h […] …

久志の脳運日記:Week19

こんにちは😄 West Coast Healthy Memory Society(略してWCHMS)にてファシリテーターをしている、もう19回目の挨拶になりおなじみの、久志です。みなさん今週はいかがお過ごしでしたか?12月に突入し、街はすっかりクリスマス一色ですね。今年は去年よりも少しクリスマスらしいクリスマスを過ごせそうです、がまだまだコロナ感染症は収束していないようですので引き続き感染予防に気をつけてくださいね。 実は11月の終わりにインドネシアコミュニティーのイベントでWest Coast Healthy Memory Societyへの活動資金と、コンピューター2台頂きました。着物を来て壇上し、気持ちが引き締まりました。そして本当に色々なコミュニティからご支援頂けることに感謝します。 それでは12月3日(金)に行われました第19回「脳の運動教室」のレポートをしたいと思います。 まずはいつものように体操とコグニサイズからスタートしました。ファシリテーターのみかさんワールド満開、盛りだくさんのとっても楽しいコグイサイズでした。 今回の体操、コグニサイズは。。。 嚥下、発声の体操① 顔の前で人差し指で大きな円を書きながら、舌も目も大きく円をかくよう一緒に動かします。できれば、「あー」と声を出しながら行いましょう。3回ずつ、反対周りも行いましょう。② 舌で左右のほっぺを内側から押しましょう。10回を3回行いましょう。③ 舌で十字を書くように動かします。5回を3回行いましょう。喉から「あー」と」声を出しながら行いましょう。 発声練習の後は、「♪お正月」を合唱しました😁(少し早いですが、お正月ももうすぐですよ)さて、みなさんお正月まであといくつ寝るとお正月でしょうか?ぜひ、計算してみてください。12月は31日までありますよ。 7つの動作を覚えます。① パンと拍手② パ、パンと素早く2回拍手③ 両膝をぽんと叩きます④ 両手を顔の横でグーにする⑤ 胸のまで腕をクロス⑥ 両手を頭の上に持っていく⑦ パンパンパンとテンポ良く3回手拍子 「♪お正月」に合わせて①〜⑦の動きを行いましょう😁※「♪もういくつねるとお正月〜♪」の一小節で①〜⑦の動きを行います。 “後出し”あっち向いてホイ😁まずは、みかさんのじゃんけんに必ず負けます、そしてあっちむいてホイでは、みかさんの指す方とは反対 […] …

久志の脳運日記:Week18

こんにちは😄 West Coast Healthy Memory Society(略してWCHMS)にてファシリテーターをしている、もうおなじみの久志です。今週はいかがお過ごしでしたか?早くも11月も後半になりましたね、来月にはクリスマスが控えています。あっという間に2021年も終わってしまいますね😅 それでは11月26日(金)に行われました第18回「脳の運動教室」のレポートをしたいと思います。 今回の体操とコグニサイズはファシリテーターのえりこさんが担当しました。普段はコグニサイズを紹介しているのですが、今回は体操を皆さんに紹介したいと思います。 今回の体操はバランスのトレーニングとして、1.片足立ち(開眼で20秒、閉眼10秒ずつ)、バランスを崩しやすいので気をつけて行ってください。2.つま先立ち10回3.かかと上げ10回4.腰回し、手を腰に当てて身体の中心からなるべく遠くを大きくぐるぐる回しましょう5.クロスステップ 嚥下(飲み込み)体操では大きく口と舌を動かします。1.開口→閉口→唇吐出→唇横引き この一連の流れを10回2.舌出し入れ 10回3.舌上下に動かす 10回 食前に行うことで、誤嚥(食べ物が誤って気管に入る)が予防できます。 コグニサイズでは、1.足踏み+秋の味覚の逆さ言葉2.手首の運動+指を使う脳トレ3.ポーズ記憶4.リズム体操(ザ・ドリフターズ「いい湯だな」を歌いながら全身を動かしました) これまでに行ってきたコグニサイズはこちらのブログにて紹介していますので挑戦してみてください😁https://ameblo.jp/hisashinouun 今回も前回のクラス同様に参加者全員で脳トレを行いました。今回も計算問題の代わりの漢字の読み書きクイズを行いました。なかなか答えが出てきませんでしたね😁皆さんも宿題サイトをチェックして答え合わせをしてみてください。おまけ問題も今回は難しいですよ。※ヒントは動物です。 毎週クラスで使用した計算や音読の教材は宿題としてホームページにアップされています。↓↓https://noun.wchealthymemory.com/2021/11/26/week18-homework/ 脳トレが終わりましたら、参加者さん4人ほどのチームに分かれていただき座談会(今回のテーマは、旅行のお話)を行いました。旅行先でのトラブル、新 […] …

ナースゆうこのCovid19 Q&A: Week18

皆さん、こんにちは! 1週間ぶりに戻ってバンクーバーはモントリオールに比べ、暖かく、今日は一瞬お日様も出ました。雨の多いバンクーバーですので、お天道様が少しでも微笑みかけて下さると幸せになります。できればあと10倍位、微笑んでくださると良いのですが。。。 今週は先週金曜日(11月19日)に認可を受けた5-11歳までのCovid19 がのワクチンの話題です。 こちら何度かご紹介している、BC州の年齢ごとのケースの数です。9月より9-11歳と5-8歳の割合がグーッと増えて大きな問題となりました。少しづつその数は下がってきましたが、この5-11歳に対してワクチンが受けるようになったことは朗報です。大人のワクチンに比べ、1/3の量でファイザー社のワクチンの接種が始まります。 よく子供の感染経路として学校が挙げられますが、こちらがBC州の実態になります。9月7日から11月6日までの2か月のデータになりますが、実際には88%の学校で感染は起こっていません。現在3%の学校でActiveな感染がありますが、75件のクラスター(集団)感染があり、実際にはその集団感染の人数は2-13名です。 日本の小児科学会でもやはり77%が家庭からの感染と言われています。今回の小児へのワクチンが普及することで子供へのケースが減る事を願うばかりです。 最後にBC州の5-11歳へのワクチン接種のまとめとして: 対象者は350,000人 小児科の専門家はできるだけ早くワクチンを打つことをすすめる 親または親の代わりとなる人の口語での同意が必要 子供用のファイザー社のワクチンを使用 5歳以上でなければいけない。また11歳の子供は12歳になると大人の量が適用される。 1回目と2回目のワクチンの間は8週間あける オンラインで申し込み 5-11歳専用のクリニックでの接種 詳細はこちらから⇒https://www2.gov.bc.ca/gov/content/covid-19/vaccine/children 社会の一員として予防の層が厚くなることは良いことですね。しかしながら、どのような社会的な動きがみられるのかは、これから年末に向けて追って行きたいところです。 それではまた来週お会いしましょう! 😇😇😇   講習日程に戻る …

【宿題】Week18

防災シーリー最後の週となりましたしたが、カナダBC州に住む私達は今年はコロナに加え、水害、土砂崩れ、森林火災などの災害に遇った1年となりました。身をもって防災の大切さを学んでいます。 先ずはウォームアップ。ちょっと早いですが「赤鼻のトナカイ」を歌いましょう🎅 音読:できるだけ早く声に出して読みましょう。 漢字問題:今週は計算ではなく漢字の読み書きに挑戦です。 今週の漢字、楽しんで頂けましたか?言葉で知っていても漢字にするとなるほどーと思うものを多いですね。「かんじ」という言葉(音)にも漢字、幹事、感じ、寛二などいろいろです。漢字って奥が深いですね。 参加者の皆さん、おまけ問題が納得いかないご様子でしたのでここで深くご説明します。 あるの中にあった「ネギ、トランプ、トリック、うどん」の赤文字に注目ください。ここに隠されていた言葉は。。。 ネ(子🐭)ギ トラ(寅🐯)ンプ トリ(酉🐔)ック う(卯🐇)どん という事で十二支の動物でした!つまりなしの単語は気にしなくて良いのです。 セーフティップのミレン先生、4回のご講義ありがとうございました! すっかりお馴染みとなったこの企画。今年災害が続きたBC州にはなくてなならない情報となりました。「自分の身を守るために何ができるか」それが、大きなテーマですね。 是非もっと詳しい情報はSafetyipのWebsiteをご覧ください。 https://safetyip.org/ ミレン先生お勧めの動画をご紹介します。 https://www.youtube.com/watch?v=xPtCVbK-7Ag 🌟🌟🌟 来週は久しぶりにグループ活動に戻る予定です。私はあたらないから大丈夫ーと思っていらっしゃるあなた!最後までビシバシと厳しく参りますのでご期待くださいませ。 来週からは12月、師走ですね。みなさんの2021年は如何でしたか? 私達は夏から秋にかけて皆さんと楽しい脳トレの時間を過ごさせて頂き、とても充実した時間を過ごすことが出来ました。あと残り2回、最高に楽しい時を一緒に過ごしましょう! 😊😊😊   …

【宿題】Week17

今週の旅行シリーズ第4弾として、オーロラツワーを如何でしたか?いつホワイトホースに行こうかしら?と思われている方おられそうですね。 先ずはウォームアップ。秋らしく「焚火」を歌いましょう🍂 音読:できるだけ早く声に出して読みましょう 難読漢字:今週は計算ではなく漢字に挑戦です。 今週は皆さん、漢字は任せておいて―というオーラが沢山でていましたね~🤣🤣🤣 ユーコン州へのバーチャル旅行、最終回でした。本山さん、そしてAurora 60の皆さん、どうもありがとうございました。 Aurora 60の杉江さん、本山さん、杉本さん、上村さん、今回は楽しいユーコン準州へ私達を連れていって下さりありがとうございました。どの回もそれぞれ良さがあって、続編が楽しみです。バンクーバーから近いようで遠いユーコンですが、是非企画を練って遊びに行かせて頂きます。引き続きよろしくお願いいたします。 またAurora60のWebsiteと連絡先は下記です。ご興味ある方はご連絡ください。 website: https://aurora60.com/ お問い合わせについてはホームページでご確認ください。 また今回第4弾でオーロラについて発表くださった tNt Nature Connections(https://www.tntnaturecon.com/en/)上村さんのYoutubuです。とても興味深いですので是非ご覧ください。     🌟🌟🌟 さあ、この勢いで残り三回駆け抜けましょう。それでは良い週末をお過ごしください。 😊😊😊   …

ナースゆうこのCovid19 Q&A: Week17

皆さん、こんにちは!あと3回となりました脳の運動教室ですが、最後まで一緒に頑張りましょう。今日はナースゆう子のコーナーで特別企画をご紹介しました。 今回はグローバルパンデミックについて学んでみようということで、6つの国をピックアップして2020年春から現在までのCovid19の動向ついて比較をしてみました。1)イスラエル、2)日本、3)スウェーデン、4)カナダ、5)台湾、6)イギリスです。 多くの脳運参加者がカナダにお住まいですので、カナダの2020年春からの動向はご存知だと思います。そしてケースが増える度に何らかの政策が打ち出されましたね。しかし案外他の国の傾向は知らないものです。同じ時期でケース数が多い国もあれば、その逆もしかり。変異株がどこで発見されたかにもよるでしょう。私達は本当に国ごとに違う政策でCovid19と戦っていることを改めて知ります。つまり解決策は一つではないのです。 次にワクチンの接種状況です。イスラエル、イギリスは早くからワクチンが始まり、日本や台湾などは5月からの接種が開始となりました。日本はワクチン接種率が短期間で上がり、現在新しいケースが殆どなくなりました。どうして日本でこれだけ急激にケースが減ったのか?には諸説が色々あります。ワクチン接種が向上したことだけが原因ならば、何故他の国のように80%近く国民が2回接種している国、例えばイギリスやカナダ、のケースが減らないのだろう?と疑問をもつでしょう。 そこには日本人は言われた事をしっかり守る気質が関係しているとも言われています。同じように台湾が40%の国民のみ2回接種ですが、ケースが劇的に減りました。何故でしょうか?追跡調査をしっかりやってきたことが成功の鍵であったとも言われます。 集団免疫として多くがワクチンを打てばとか、多くがCoivd19 に罹ればという話がありましたが、それは国の政策、国民性によっても違うことがこの2年の傾向からわかりますね。 最後に、本当は国際比較という事で、アフリカの国を一つピックアップしてみようと思いましたが、どうも統計が正確に出ていないように見えました。たまたまアフリカのケニヤで統計学を教えていた友人にアフリカのどの国のデータが信頼できるのか、と尋ねたところ「どこもないですよ」と言われました。現時点でアフリカの5国(南アフリカやエジプトなど)が一応Covi […] …